神奈川・湘南・平塚の不動産鑑定・不動産コンサルなら
コラム

不動産鑑定評価

配偶者居住権 2

(配偶者居住権 1 からのつづき) [評価の具体例] 単純化した前提条件ものと、相続税法による評価と不動産鑑定評価で同一不動産の試算をしてみます。     [まとめ] 試算してみて) 相続税法による評 …

配偶者居住権 1

 2020年4月1日より民法改正により新たに創設された配偶者居住権について考えてみます。民法では配偶者居住権(民法1028条)、配偶者短期居住権(民法1037条)の2種類がありますが、ここではその経済価値が問題となる配偶 …

●立退料と借家権価格

1.立退料と借家権価格の内容 立退料は、老朽化したビルの建替えや再開発事業、公共事業のために用地取得される際に建物の賃借人である借家人に支払われる金銭です。そして、借家権とは借家人に帰属する建物の賃借権であり、借家権価格 …

建物評価

建物について鑑定評価を求められることがあります。建物は土地なしに単独で存在することができませんので、建物だけが独立して存在している状態を前提とした鑑定評価は行われません。建物は必ずその土地の立地条件や都市計画や建築基準法 …

PAGETOP
CopyRight ©2019 不動産鑑定「アトラス」All Rights Reserved.